エロ妻は朝と昼間の時間帯にツーショットダイヤルで即ナンパすりゃセックスOK!

俺流の即アポ人妻セックス永久機関が遂に完成したかも

本日は私が最近になって完全に確立したエロ人妻セフレ達の調達方法を特別にレクチャーしたいと思う。そして、少しだが私が即セックスしてきた証拠としてハメ撮り写真を公開したいと思う。

 

基本的に私は昔から人妻・熟女と呼ばれる女性層が大好物だ。なので、出会い系やツーショットなどでも20代前半の女が食い付いて来たとしても余裕で放流する(笑)ガキとのセックスなんて興味が無いからだ。少なくとも30歳以上が条件になる。更に、私は生活感が溢れている普通の人妻が好みだ。間違っても壇蜜の様な作られたフェロモンは度外視している。

 

具体的には腹が少し出ているのが条件だな。下着なども使い古されて、多少染みが付いているくらいのダラしない人妻が理想的だな。但し、口が臭い女は絶対にNG。もし、出会った女が口臭持ちだった場合、私は容赦無く「お前!口臭いな!今から歯ブラシしてリステリン買って来い!」と命令して口臭が消えるまでセックスはお預けしている。

 

私は、人妻や熟女達と出会う為にあらゆるコミュニティーサービスを使い倒してきた。出会い系、掲示板、ツイッター、テレクラ、熟女キャバクラ、熟女デリヘル、ツーショットダイヤル、路上ナンパなどなど。もはや利用していないナンパ手法は無いのではないだろうか。

 

そして遂に私はナンパ永久機関と呼べるスタイルを確立したのだ。もはや私はオナニーする事も無くなった。抜きたければ私がゲットしてキープしているセフレリストから直ぐに待ち合わせ出来る女に電話一本すれば駆け付けて来る。セフレがオナホール代わりと言う訳だ。中には自然消滅してしまう人妻もいるから、そうなれば新しい女をナンパして来るだけである。完全なセフレ永久機関と言えるだろう。

 

最初の頃は出会い系やツイッターを駆使していたのだが、去年辺りから私は完全にツーショットダイヤル一本に絞って彼女達をゲットしている。出会いの流れは完全にメールや掲示板から、直接電話してナンパするスタイルに切り替わったと確信したからだ。

 

こここからがツーショットダイヤルで糞エロい人妻や熟女をセフレにする極意なので気合を入れて読んで欲しい。

 

まず、ツーショットダイヤルで彼女達を狙う場合は必ず電話する時間を「朝か昼間」の時間帯に限定して欲しい。大体、朝は9時過ぎから。昼は最悪4時くらいまで許容範囲だろう。逆にこれ以外の時間帯に電話する事はしない。むしろするな!何故ならば、この時間帯以外で人妻や熟女を即待ち合わせに持ち込むのは不可能だからだ。何故、不可能なのかくらいは分かるよな?

 

人妻ってのは本当にダラしない生き物なのかもしれない。特に専業主婦はガチでヤバい女が多いな。何せ旦那や子供が学校や仕事に行ったら、軽く掃除などをすれば全てフリータイムだ。

 

そして、この年代の女はとにかく欲求不満だ。何故なら年齢的に最も性欲が高まる時だからだ!そんな女がツーショットダイヤルに登録して来ている現状を見逃せるか?もし、人妻ナンパ好きでツーショットを利用していないとしたら本物の大馬鹿だと思うぜ。

 

ツーショットで彼女達に電話が繋がったら、まずは雑談でお互いに挨拶をしよう。そして、単刀直入に電話エッチしてみるのが最も効率的だ。その奥さんが今求めているのかが分かるからな(笑)淫乱な女の場合は、いきなりノリノリで野獣の様に喘ぎながらオナニーし始めるからな!こんな女は高確率でLINEIDの交換になって、その日に会える。つまりセックスやセフレが確定する!

 

とにかく、若い女に比べて余計な手間が掛からないから人妻は理想的だ。ヤレる女は直ぐヤレるし、ヤレない女はハッキリと断ってくるので単刀直入に分かりやすい。こんな理想的な女探しはツーショットダイヤルならではだと本当に感じている。

 

まあ、何回か会ってセックス関係が続くと中には飽きてくる女もいるから、その場合は直ぐに切ればOK。再度、ツーショットダイヤルを漁って新規の人妻を探してセフレにすりゃいいんだ。つまり、これがエロ妻ナンパ永久機関なのである!

俺が愛した人妻セフレの一部

腹が出てるマイミさん

彼女は確かマックスで見つけた。年齢は36歳のマイミさんだ。横から見れば分かると思うが、これが本物のエロ妻のダラしない腹だ。見ているだけで勃起してくるレベルだとは思わないか?

 

彼女は旦那とのセックスレス状態にノイローゼ気味になり、たまたまオナネタに利用していたレディースコミックの電話番号にコールした番組がマックスだったらしい。

 

マイミは50回以上はセックスしてやったと思う。10回目くらいからセックスの相性が抜群になって行くのが楽しかった。挿入するだけで「出ちゃう!出ちゃう!」と叫びながら潮吹きする様子は圧巻だった。今思い出しただけでも興奮してくる。

 

残念ながら、彼女とは数年続いたある日から連絡が突然取れなくなってしまった。他の男に行ってしまったのか?それとも旦那にバレたのか?私には分からないが、人妻との出会いとは一瞬で散ってしまう場合が多い。実に残念だが前向きに次の女を探せば良いだろう。

 

SMプレイにハマる奥さん

続いての自慢のセフレを紹介しよう。彼女は37歳の人妻「エミ」さんだ。彼女は本当にスケベで変態やアブノーマル願望が強い。確か、彼女とはスイートコールで知り合ったと思う。初めはテレフォンセックスを楽しむ関係だったのだが、徐々にプライベートな事まで話し合う様になって意気投合していった。

 

印象的だったのが、彼女との数回目のセックスの時だった。いきなり「大人のおもちゃで変態の世界を見せて欲しい」と祈願されたのだ。何でも彼女の旦那のセックスは非常に淡白で面白くないらしい。

 

彼女的にはバイブやらローターやらアナルビーズなどで両方の穴を犯されながら、電マなどで強烈な刺激を味わってみたい願望が昔からあったらしい。実に変態的な女である。

 

アイマスクをしてローターで乳首攻め。アナルにはアナルバイブを挿入しながら、パンツを履かせて電マで刺激しまくったのだが、狂ったようにイキまくり純白の下着が潮吹きでグチョグチョになるのが本当に興奮したな。彼女とはまだセフレ関係が続いているが、毎回ハードなセックスを求めてくる実に淫乱なセフレの一人である。